Profil(Deutsch)

岡﨑 麻奈未
埼玉県熊谷市出身。国立音楽大学卒業。
在学中モーツアルト魔笛夜の女王役でデビュー。
卒業後、オーストリア・ウィーンに留学。

宮廷歌手ルートヒルデ・ベッシュ、宮廷歌手クリスタ・ルートヴィッヒ教授等の元で声楽を学ぶ。

2008年ウィーン室内歌劇場にてヨーロッパデビュー。
オペラ歌手として多劇場で活躍。

またシューベルト教会他、ミサでのソプラノソロ、オーストリア、チェコでのコンサートにて人気を博す。
その後ドイツケルン室内歌劇場にてドイツデビュー。

≪魔笛≫夜の女王役、≪こうもり≫アデーレ役、≪ヘンゼルとグレーテル≫グレーテル役、≪シンデレラ≫クロリンダ役、≪ボエーム≫ムゼッタ役などの多彩な役を好演。

バッハ音楽の師匠ヘルムート・リリング指揮のもとバッハ・カンタータのソプラノソロをシュトゥットガルトで務めた後、2012年シュトゥットガルト室内オーケストラと共演、絶賛される。

2012年には自身初となる歌曲コンサート、リサイタル等のソロコンサートをフランス、ドイツ、チェコで成功させ活躍の幅を広げていく。

2014年自身のヨーロッパの故郷オーストリア・ウィーンに戻りオペレッタ、ヴィーナーリーダーと呼ばれるウィーン独自の音楽で活躍する傍らの教会でソプラノソロを務め、多劇場にて活躍中。

2016年6月には東京芸術劇場コンサートホールにて、横山幸雄さんの出演するコンサートでグリエール作曲のための協奏曲を歌いあげた。

秋にはパパゲーナ役でフュッセンの劇場でデビュー予定。

ウィーンリート・オペレッタコンクール1位(オーストリア・ウィーン)、ドボルジャークコンクール2位ルサルカ特別賞(チェコ・プラハ)、ドスタルコンクールファイナリスト(オーストリア・ウィーン)
2013年バイロイトワーグナー財団奨学生。